タオル洗濯の豆知識 タオルショップ ブルーム

インスタグラム フェイスブック 

タオルショップ ブルーム本店 タオルショップ ブルーム本店 トップページ ログアウト お買い物カゴを見る お支払い・送料 マイページ ログイン・新規登録 タオルショップ ブルーム本店 トップページ

粗品タオル

《のし名入れタオル・刺繍商品・ギフト商品の年内発送につきまして》
誠に勝手ながら、12月28日(土)から1月5日(日)まで休業とさせて頂きます。12月27日(金)までのご注文は通常通りの発送となります。
*のし印刷・袋入れ加工商品…12月15日(日)   *刺繍名入れ商品…12月17日(火)    *ギフト(ラッピング)商品…12月23日(月) 
以降に頂きましたご注文は1月6日(月)より、順次加工、発送とさせて頂きます。ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。  

タオルショップブルームTOP > お洗濯について > タオル洗濯の豆知識

タオルの扱い方

タオル洗濯の豆知識

当店のタオルソムリエからのプチアドバイスをまとめました。
「タオルの洗い方どうすればいい?」と思った方はぜひ試してみてください。

※タオルソムリエとはタオル選びのアドバイザー。
 タオルの織りや風合い、糸などの専門的な知識を持ったタオルのスペシャリスト。

タオルの扱い方

使う前にまず洗おう!

製品ができるまでの製造工程で細かい汚れやホコリ、毛羽などが付着しています。また色付きのタオルは色移りを避けるため何度か白いものと分けて洗うことをオススメします。今すぐ使わないタオルは一度洗ってから保管すると表面の退色を防ぐ効果があります。
※塩素系洗剤を使ったり洗濯槽クリーナーが残っていたりすると、変色してしまう可能性があるのでご注意ください。

タオルの扱い方

柔軟剤はほどほどに

生地をふわふわにしてくれる柔軟剤。適度に使うことで製品の風合いを保つことができます。しかしそれは、パイル製品には逆効果。過度に使用するとパイルが伸びたり吸水性が悪くなる原因に。パイル製品を洗濯するときは「ゴワゴワしてきたかな?」と感じたときに柔軟剤を使って頂くと柔軟剤の効果がアップします。

タオルの扱い方

タオルをやせさせないコツ

洗濯機に表示されている洗濯物の量より少なめにし、洗濯ネットに入れて洗濯して頂くと汚れが落ちやすくなり、毛羽の発生を和らげてくれます。毛羽をより軽減したいという場合は柔軟剤や乾燥機の使用をひかえめにして頂くと、毛羽が少なくなり生地の傷みが軽減されます。

タオルの扱い方

タオルの乾かし方

タオルを乾かすときちょっと気を付けるだけで、柔らかさや風合いが違ってきます。絞ったままの状態で乾くと繊維が硬直してしまい、乾いた後の手触りが硬くなります。干す前は両手でタオルをよく振って繊維をほぐしましょう。そしてタオルの四方を引っ張りながらゆがみを正して干す。これがタオルをふわふわに保つコツです。

※綿繊維の特徴として、お洗濯の後に5〜10%程縮むことがあります。予めご了承ください。

タオルの扱い方

パイルが伸びてきた時は

お洗濯などを繰り返すうちに、一部のパイルが伸びる場合がございます。伸びた場合は引っ張ると生地を傷める原因となりますので、短く切りそろえてください。

タオルの扱い方

ローテーションで長寿命

一度使うと汚れが付着します。それを放置したり使い回したりすると、繊維が硬くなったり雑菌が繁殖します。1枚のタオルを使い続けるのではなく、何枚かローテーションで使い分けるとタオルの寿命が延びます。

現在登録されている商品はありません