泉州タオルについて タオルの通販ショップ「ブルーム」

タオルショップ ブルーム本店 タオルショップ ブルーム本店 トップページ ログアウト お買い物カゴを見る お支払い・送料 マイページ ログイン・新規登録 タオルショップ ブルーム本店 トップページ

タオルショップブルームTOP > 泉州タオルについて

無題ドキュメント
泉州タオル

日本のタオル産業発祥の地「大阪泉州地区」。
130年あまりの歴史と伝統に育まれた技術でタオル職人が
腕によりをかけてこしらえたタオル。

泉州タオル
さかのぼること明治18年、大阪で舶来雑貨商を営む新井末吉氏がドイツ製タオルを入手し、
日本でも大いに需要が見込めるとして泉佐野市の白木綿業者にその製織の研究を奨めたことが始まりです。
白木綿業者の里井はその製織法の研究に没頭し、苦心の末、明治20年に筬(おさ)のテリーモーションを利用して輪奈(わな)=パイルを作る「打出機」を考案、タオル製織に成功、その製品をカルキで晒(さら)したことからわが国初の「後晒(あとさらし)タオル」が誕生しました。これを機に大阪「泉州タオル」は 日本タオル産業発祥の地として発展し続けています。
 
泉州タオル説明
泉州タオル
タオルに使う綿糸は織りやすくするためにノリやロウなどで強度をあげ、すべりを良くします。
そのため織りあがったタオル地は水をはじく吸水性の悪いものになります。
大阪の後晒タオルは織った後で‘さらし’の工程が入るのでノリやロウは洗い流され吸水性の優れたタオルになります。
 
特徴1:水を良く吸い取ります。

吸水性はタオルに最も求められる機能です。大阪後晒タオルは綿本来の優れた吸水性を生かした最も理想的なタオルです。

 
特徴2:とても清潔です。

後晒の工程で糸に付着している油分や不純物など、いろんな汚れが洗い落とされてとっても清潔です。おろしたてのタオルも安心して、そのままお使いいただけます。

 


特徴3:肌ざわりが優しい。

タオルに触れるだけでふんわりした柔らかさ、
心地よさを実感していただけます。
赤ちゃんやお肌の弱い方も優しい肌触りにきっと満足していただけます。

 
泉州タオル魅力
 
泉州タオル紹介
 
現在登録されている商品はありません